ゆるゆるごむひも

いちプロデューサーとして書き残しておきたいことを書いたり、ダイレクトマーケティングの記事を載せたりしようと思っています。twitterID @gomuhimo25

小松伊吹ちゃんの「アイドル観」について

Twitter「AKB総選挙の結婚発表で謎のダメージを受けてるアイマスP多くない?」

 

ごむひも「そう、僕だ」(武田蒼一並感)

 f:id:gomuhimo25:20170706223606j:image

 

どうも。豆腐メンタルのごむひもです。最近は絹から木綿にレベルアップ出来た気はしてます。

 

AKB総選挙での結婚発表ビックリしましたね~。(ブログ下書きして止まってたのでネタが古い)
「え……どんな考えで総選挙という場で発表したんだ…?この子のアイドル観ってなんなの…?」


アイドルっていったいなんなのよ…!(CV.釘宮理恵

f:id:gomuhimo25:20170706223813j:image

もう気分は劇場版眠り姫の伊織でした。


やっぱり三次元と二次元という差はありながらも同じアイドルなんでいろいろ考えてしまいましたね。
まぁこの件で「あれ、そういえば小松伊吹ちゃんの『アイドル観』ってどんなのなんだろう。」という発想に至りました。


ごむひもP的には「小松伊吹ちゃんはアイドルを楽しんでいるのは大前提としてあって、『彼女個人の可愛さ』『人間的魅力』をどうやって多くのプロデューサーに伝えられるか」というのが個人的な命題でした。

 

そのためにいろいろ資料を作ったんですが(露骨な宣伝)
小松伊吹ちゃんダイマ資料まとめ - ゆるゆるごむひも


だから「アイドルという職業についてどう思っているのか」ってのを掘り下げたことがなかったんですね。
これを考えるきっかけになったので、AKBの結婚騒動も捨てたものじゃないな、って思いました。

 

 

 

 

 

以下考察。
まずはアイドルになろうとしたキッカケですね。

 

初期カード特訓前より。
「アタシは活躍のフィールドが広がるんだったらアイドルだって完璧にこなして見せるよ!」


自分のダンスを見せる場所を増やすためにアイドル。要するに「たくさんの場所で踊りたい」が目的で、アイドルはそのための「手段」というのが、一番初めの段階ですね。

 

 


アイドルを始めてからは

初期カード特訓後より
「アタシ、アイドルの仕事甘く見てたよ…皆頑張ってんだ…負けないわ!」

「ごむひも、アタシ、皆で頑張れるアイドルの仕事が大好きだな」

 

アイドルの大変さを感じて、認識を改められる素直さ。そして仲間と一緒に頑張る楽しさを実感したようです。

 

 

 

ウェディングのお仕事では

ダンシングブライド特訓前より
「結婚したら、アイドルはムリかなぁ。独占されるのも…うん…アリだね」

「かわいいだけじゃなくて、仕事も家のこともガンガンやる! そういう花…アイドルになりたいんだけど…ごむひも、してくれる?」

 

いやお前デレデレじゃねーか!!!!!!

 

3次元アイドルが結婚宣言して「小松伊吹にとってアイドルとは」のテーマで考えてたのにちょっともうこれ…(頭抱え)。

 

 

 

ダンシングブライド特訓後より

「アイドルがみんなに夢を見せるなら、ごむひもはアイドルに夢を見せてよ。ほら、タキシードも貸してくれるって! ね! お願い!」

 

あっ良かった……。ちゃんとファンに対しては「アイドルは夢を見せる」って認識あるんだね。それ聞けたのすげー嬉しいよ。

 

 

そして

カジュアル&フリル特訓後より
「ダンスで魅了するアイドルに!」
「今日の歌と衣装なら、ダンスも可愛く…こう…かな♪」

「昨日は映画観たんだ。ほら、演技のお仕事が来るかもしれないし」

「アタシのステージは、ダンスはもちろん、歌もおざなりになんてしないから!」

 

ダンスで魅了できるアイドル小松伊吹。

アイドルだから歌もおざなりにしないし、演技の勉強もする。そして可愛く見せるための努力も惜しまない。

ファンに夢を見せるために頑張っていますね。

 

 


要するに小松伊吹ちゃんにとってアイドルとは「ファンに夢を見せる存在。自分の強みであるダンスで魅せたい、でもアイドルだし歌や演技でも夢を見せたいから努力は怠らない。」というところでしょうか。

 

正直、小松伊吹ちゃんはプロデューサーとの距離感の近さが売りなところもあるのでファンに言及してるセリフは少なく、プロデューサーに向けてのセリフが多かったんですよ。

でも「小松伊吹にとってアイドルとは?」という点だけに絞ると新しく見えた景色があったのが収穫でした。

 


楽しい考察だった……掛け値なしに……。(武田蒼一並感)

 f:id:gomuhimo25:20170706223606j:image


最後まで読んでいただいた方に感謝の意を。ありがとうございました٩(ˊᗜˋ*)و

 

小松伊吹ちゃん、セクギル衣装はアウト?セーフ?

どうも小松伊吹担当Pのごむひもです。

最近は「小松伊吹おじさん」と言われるようになってきました。お兄さんって言え(半ギレ)。

 
さて今回の内容ですが

「小松伊吹はセクシーギルティの衣装を恥ずかしがるのか、恥ずかしがらないのか」

f:id:gomuhimo25:20170526174234j:plain

 
 
というアンケートで意見を結構分かれているのを見て、ブログを書こうと思いました。
 
 
 
僕の意見としては「恥ずかしがる」のではないかと思います。

このあと色々こじつけながら説明していきますが、ごむひもによる小松伊吹ちゃん像なので公式や皆様の小松伊吹ちゃん像にはなんら干渉しませんし、決して反対の意見を叩くつもりもありません。正直、セクギル衣装ノリノリで着てる小松伊吹ちゃんも見たいです(真顔)。

 
 
 
まず小松伊吹ちゃんの今までの衣装について見ていきましょう。
・初期特訓後

f:id:gomuhimo25:20170526174453j:plain

・学園祭特訓後

f:id:gomuhimo25:20170526174518j:plain

・ストリートスパークル特訓後

f:id:gomuhimo25:20170526174532j:plain

いや露出多いなおい!!!!!エロい。
 
 
では次に恥ずかしがっている衣装を見てみましょう。
・ダンシングブライド特訓前

f:id:gomuhimo25:20170526174626j:plain

・さわやかスポーツ特訓後

f:id:gomuhimo25:20170526174649j:plain

これ露出少なめなんですよね。
 
 
そしてデレステルームのこのセリフ

f:id:gomuhimo25:20170526175114p:plain

 
 

多分、小松伊吹ちゃんの「恥ずかしがるライン」ってのは露出じゃなくて「女性として見られる衣装」なのではないかな、と思いました。

露出の高い衣装は「アイドル」として見られているし、自分のセクシーさや女性らしさには気付いてない(腹筋触らせようとしてきたりするあたり)ので大丈夫。でもブルマは女性特有のものだし、パーティードレスもダンスに明け暮れた19歳のやんちゃな女の子は着たこともないし、女性らしいものだから恥ずかしがるのではないかなー、と自分は考えています。小松伊吹ちゃんの根底には「自分は女性らしくない」と思っているふしがある気がするのです。めちゃくちゃ可愛いのにね(担当特有の贔屓目)。
 
 
「似たような露出の多さ」でも映画の撮影とかの衣装でこういうのはセーフだけど

f:id:gomuhimo25:20170526175908j:plain

 

 こういう女性らしいフリルのついてるビキニとかは「自分に似合わない」って恥ずかしがるような気がします。小松伊吹ちゃんのビキニはよ。

f:id:gomuhimo25:20170526180428j:plain

 
 
 
なのでセクシーギルティの衣装は「セクシー怪盗キャッツアイをモチーフにした衣装で、女性らしいイメージがあるので恥ずかしがる」というのが僕の回答です。
でもこの記事書いてて「あれ……?もしかして小松伊吹ちゃんプロ意識高いし、撮影用の衣装なら恥ずかしがらずカッコよくキメるかも……」と意見がブレブレになってきました。これどっちもある。
 
 
 
 
私の意見はこんな感じです。
また他の方の意見もお聞きしたいのでどんどん小松伊吹ちゃんの話してくださいねー!小松伊吹サーチからふぁぼを飛ばします。
 
 
あと、小松伊吹ちゃんの恋愛映画好きに関してもオタクらしく考察してます(露骨な宣伝)。
 
 
今回の記事は以上です!読んで頂きありがとうございました~。

小松伊吹ちゃんの恋愛映画好きについて

伊吹P「小松伊吹ちゃんは外でばかり遊ぶタイプで女っぽさにも興味なかったみたいだし、自称「ダンスしかとりえがないヤツ」だったんですよ。外でばかり遊ぶ伊吹ちゃんが恋愛映画にハマるきっかけになったのは何なのか気になりますね…。」

 

 

た、確かに~~~!!

それ考えたことなかったなぁ……。

 

 

ということで、いろいろ考えた結果一つの仮説を立てました。

「小松伊吹ちゃんの恋愛映画好きは最近ハマった趣味説」

これはあくまでも自分の妄想なので、公式や皆様の世界線の小松伊吹ちゃんにはなんら干渉しないものであります。

 

 

 

 

以下妄想↓

恋愛映画好きだったら「自分もその中のヒロインみたいになりたい」って多分思うんじゃないですかね。

学生時代からの趣味なら、きっと学校内で恋愛したくなるような気がするんですよ。

 

『学校祭かぁ、フケて踊ってたなぁ』ー学園祭より

 

こう言ってますし学生時代はダンスに夢中で、異性のことなんて見てなかったんじゃないかなと思います。

 

 

伊吹は19歳でダンスインストラクターのバイトをしてたところ、プロデューサーと出会ってアイドルになることになりました。(デレステコミュ1より)

学校を卒業して、プロデューサーと出会うまでの間に恋愛映画にハマったのでは……?

前述の通り、多分学生時代にはハマってないと思うんですよ。周りに異性がいなくなった環境になってから、偶然見た恋愛映画にキュンキュンしたんでしょうね。

そして恋愛映画にハマって「恋に恋してる」状態のときに出会ったのが、プロデューサーだったのではないでしょうか。

 

「女っぽさって意識したことなかったけど最近は……」-デレステルーム台詞より

 

もちろん「アイドルになったから」という理由で言ってるのでしょうが、プロデューサーに女性として見られたいという気持ちも少なからずあるのではないのでしょうか。

 f:id:gomuhimo25:20170427000025p:image

f:id:gomuhimo25:20170427000121j:image

 

 

小松伊吹ちゃんはこんな感じでグイグイ来る、乙女系Paアイドルですからね。ホント可愛い。

 

f:id:gomuhimo25:20170426234837j:image

一緒に恋愛映画見て横で顔真っ赤なの眺めてたい……眺めてたくない……??

ダンスやスケボー好きでアクティブでパッションな女の子が、実は乙女で恋愛映画好きってギャップほんとすき……。

 

 

今回の記事は以上です。読んでいただきありがとうございました٩(ˊᗜˋ*)و

 

かないぶインタビュー全文

f:id:gomuhimo25:20170411182010j:plain

f:id:gomuhimo25:20170411182043j:plain

f:id:gomuhimo25:20170411182151j:plain

シンデレラガールズの3rdライブで初披露された「Hotel Moonside」。ライブ用に追加されたイントロ、ダンサーのパフォーマンス、そしてその中心にいた速水奏。その全てが素晴らしく、ライブ後の反響は大きかった。
今回は速水奏、ダンサーとして参加した小松伊吹の2名にインタビューをおこなった。
 
 
3rdライブお疲れ様でした。私も見せていただきましたが素晴らしいステージでした。
奏:ありがとうございます。
伊吹:ありがとうございます!
 
このライブに出演が決まったときはどんなお気持ちでした?
奏:CDデビューもさせていただいて、いつかステージに立ちたいと思っているところにいただいたお話だったので、すごく嬉しかったです。でも大きなステージで踊りながら歌う、となると初めてだったので不安もありました。そこでレッスン以外でもダンスの自主練をするときに親交があってダンスが得意な伊吹ちゃんに見てもらってたんです。
伊吹:ダンスのことならアドバイスあげられるからね。奏はセンスもあるし覚えも早かったから教えるのも楽しかったよ。でも奏は少し立ち方と指の伸ばし方にクセがあったんですけど、Hotel Moonsideみたいな曲だと「止め」で魅せる部分があるからそこを直したら一気に良くなりましたね。
奏:ダンスは伊吹ちゃんのおかげでなんとかなったわね。歌は好きなんですけど、ライブで「声を張らずに声を出す」という風に歌わなければいけなかったのは難しかったです。その辺は伊吹ちゃんはアドバイスくれなかったわね。
伊吹:うっ……アタシがそんなに歌得意じゃないの知ってて言うなよ……(笑)。
 
では今回のステージについて教えていただけますか?
奏:Hotel Moonsideの一つ前はAbsolute NIneで私も歌わせていただいていたのですが、リハーサルの段階で「曲が続くから移動時間を取るのにどうしようか」という話になりまして、急遽新しいイントロを挟むことになったんです。「イントロを流してる間はダンサーにパフォーマンスをしてもらう」と演出の方が決められたので、ダンスのことなら間違いない伊吹ちゃんを私から推薦しました。
伊吹:多分奏からは「ダンスのこと」くらいしか信用されてない気がするんだよなー。アタシの方が歳上なのにいつもイジられるし(笑)。
奏:あら、そんなことないわ。伊吹ちゃんを全幅的に信用しているからこその推薦よ。
伊吹:本当かなぁ……。でも光栄でしたね。あんなに大きなステージでアタシのダンスを思いっきり見せられるなんて夢のようでした。リハーサルの段階で急遽決まったのでとにかく時間がなかったですが、振付も任せると言っていただいたので前日の夜中3時くらいまでどう魅せるといいか考えていましたね。アイドルになる前やっていたストリートダンスもフリースタイルで踊っていたことが多かったのでその経験は活きたと思います。
 
小松さんの出演は急遽決まったことだったのですね。それを全く感じさせない出来でした。
奏:伊吹ちゃんに任せて良かったわ。
伊吹:ハッハッハ、伊吹「さん」と呼んでいいのよ(笑)。まぁアタシも本番前はすっごく緊張してたんですけど……でも始まってファンのみんなが盛り上がってくれてるのを見たらもうそんなこともすっかり吹っ飛んじゃいました!
奏:最高のバトンを受け取ったので最高の「アイドル速水奏」を見せることができたと思います。ラストブロックはAbsolute NIneからHotel Moonside、in fact、そしてTrancing Pulseと「Project Krone」の空気を繋いでおきたかったんです。ステージから降りたあとは、ありすちゃんとTriad Primusの成功を祈っていました。良いライブになったと思います。
 
では次回に向けての意気込みなどをお願いします。
伊吹:まぁアタシは急遽出演させてもらっただけですから、次はダンサーとしてじゃなくって「アイドル小松伊吹」としてステージに立ちたいですね。応援よろしくお願いします!
奏:そうですね……ある先輩アイドルから「ダンサーがいないときにどう魅せるかが次の課題かもね」と言われたので、次回成長した姿を見せられたら、と思います。
 
ありがとうございました。今後もお二人の活躍に注目したいですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これで全てです!読んでいただきありがとうございました!
この記事に関しての裏話はこちら。

gomuhimo25.hatenablog.com

 

 

ちなみに去年の誕生日に作ったインタビュー記事はこんな感じでした(露骨な宣伝)。

f:id:gomuhimo25:20170411120446j:plain

f:id:gomuhimo25:20170411120459j:plain

f:id:gomuhimo25:20170411120514j:plain

 

インタビュ―記事読むの好きなんですよねー!たーのしー!

ぜひ小松伊吹ちゃんをよろしくお願いします!

かないぶインタビュー裏話

ここを読んでいただいてるということは、記事を読んでくださったということですね。ありがとうございます!
 
今回この記事作ろうと思ったのは、
 
・小松伊吹ちゃんが好き
・HotelMoonsideが好き
速水奏が好き
・かないぶが好き
 
と、自分の好きを詰め込んだ妄想を形にしたかったからです。ライブでのHotel Moonsideはダンサーさんに伊吹を重ねていつも号泣する系プロデューサーです()。
 
伊吹のダイマ資料はそこそこ作ったので
次は一人合作……?でも動画も作れないしセンスもない。でも自分にしか作れないものってなんだろう……と考えた結果「自分の好きを詰め込めばオリジナリティのあるものが出来るのでは?」という結論に至って、この記事を作ることになりました。
 
 
 

 

記事についての感想

速水奏を動かすことの難しさよ……
 
この記事では敬語で話してるので、奏らしい口調はあまり出てないのですが……。大丈夫?ちゃんと奏になってますかね?(不安)
「学校では真面目な方だし」と言っているのでインタビュアー相手にはキリッと決めると思って、こんな感じで喋らせてます。
伊吹ちゃんについては過去にインタビュー記事も書いたことあるしこんな感じで大丈夫だと勝手に思ってます(笑)。
 
記事内に出した「立ち方や指の伸ばし方にクセがあった」「声を張らずに声を出す難しさ」なんかは3rd円盤のオーディオコメンタリーで実際に飯田友子さんが仰ってました。
あと「リハーサルでイントロの追加が決まってダンサーさんが前日の3時までフリを考えてた」というのも本当だそうです。ウソ記事の中に本当のことを少し織り交ぜるとリアル感が増す、みたいなことをどこかで聞いた気がしたので実践してみました。
 
あと「ある先輩アイドルから~」ってのもラジオで今井麻美さん(如月千早の中の人)から本当に言われてました。あのときのラジオは「ライブ終わりの飲み屋での俺たち」みたいな感じですごく面白かったですw
 
 
そして総選挙の時期ですねー!小松伊吹、速水奏の更なる躍進を願ってます。皆さん頑張っていきましょうね!٩(ˊᗜˋ*)و

小松伊吹ちゃんのダイマ資料まとめ

今までに作ったダイマ資料がまとめて見れる場所があるといいなー、と思いはてなブログさんを使うことにしました。

 

まずは「小松伊吹ちゃんってどんな子?」という宣材資料です。

f:id:gomuhimo25:20170318180637j:plain

f:id:gomuhimo25:20170318180706j:plain

f:id:gomuhimo25:20170318180708j:plain

 

小松伊吹ちゃんってこんな感じの子ですよー!

劇場でも表情が豊かだったり

f:id:gomuhimo25:20170410120633j:plain

 

 

数字以上に大きく見えるお山だったり

 

f:id:gomuhimo25:20170410120629j:plain

 

f:id:gomuhimo25:20170410120556j:plain

 

といろんな魅力にあふれています。

ここで興味を持ったら「内面はどんな感じなのかな?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、そんな方にはこちら!

小松伊吹 - アイドルマスターシンデレラガールズwiki

 

勇志の方がまとめてくださったセリフまとめがあります。

乙女な伊吹が気になる方は「バレンタインアイプロのコミュ」、ステージ上のカッコいい伊吹が気になる方は「フェイバリットタイムと月夜のダンサー特訓後」がオススメですよ!オススメ!

 

 

 

「いやセリフ読むのとか結構大変だし、担当Pから見たまとめとかないの?」という方にはこちら。

f:id:gomuhimo25:20170410121711j:plain

f:id:gomuhimo25:20170410121729j:plain

f:id:gomuhimo25:20170410121743j:plain

f:id:gomuhimo25:20170410121926j:plain

 

「ストーリー性」にスポットを当てて作った資料です。

努力家で頑張り屋さんなんですよね。可愛い。小松伊吹ちゃん好き。

 

これらの資料が、一人でも多くのプロデューサーさんの役に立ってくれると嬉しいです。どうか小松伊吹ちゃんをよろしくお願いします。